Chris Wells代表取締役

ChrisはSTJ Advisors株式会社を本邦における独立系の株式資本市場アドバイザリーファームとして設立し、代表取締役に就任しました。

それ以前は、Barclays de Zoete Wedd(現バークレイズ証券)東京支店における株式調査部門責任者(株式アナリスト)、BZWおよびUBSロンドンにおける投資銀行部門マネージングディレクター、リーマンブラザーズにおける株式資本市場部門責任者、コリンズスチュアートにおける投資銀行部門責任者、東京証券取引所TOKYO PRO Market部門シニアディレクターを歴任。

Chrisは国内発行体・証券会社・PEファンド等との関係性を構築し、直近3年間において、ベインキャピタル・カーライル・CVC・ペルミラというトップレベルのグローバル・プライベートエクイティ・ファンドに対し、アドバイスを提供する機会に恵まれました。

この過程でSTJは海外資本市場における様々な新しい試みを本邦に導入し、国内資本市場の革新に大きく貢献したと認知されております。
STJがこれまでアドバイスを提供したクライアントは「STJの国際的な視点と日本マーケットに対する深い理解が融合することにより、真の付加価値を享受することが出来た」とコメント。

業界経験
31年
東京証券取引所
東京プロマーケット推進 シニアディレクター
コリンズスチュアート
投資銀行部門責任者
リーマン・ブラザーズ
英国 株式資本市場部門責任者
UBS
投資銀行部門マネージングディレクター
Barclays de Zoete Wedd
投資銀行部門マネージングディレクター
Barclays de Zoete Wedd東京支店
株式調査部門責任者(株式アナリスト) 株式調査部ヘッド

ディレクター

2007年UBS証券会社入社。投資銀行本部・株式資本市場部にて、東証一部上場企業等の大企業を対象に、IPO・公募増資・転換社債発行等に関する提案・執行に携わる。
2010年にシティグループ証券資本市場本部エクイティ・キャピタル・マーケット部に移籍。2014年にはVice Presidentに昇格、多数のクライアント企業のCEO・CFOと密な関係性を構築し、案件のオリジネーションおよび執行を行った。また、転換社債等エクイティリンク証券のプライシングにおいて、日々投資家・発行体の双方にとって最適な条件設定を実施。
過去10年間の株式資本市場における大型案件を多数手掛けた実績があり、グローバルIPOとしては日本郵政グループ3社同時上場、西武ホールディングス、サントリー食品インターナショナル、公募増資としては三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、オリックス、ユーロ円建転換社債では関西ペイントの案件を執行。
2007年 東京大学経済学部卒業

業界経験
11年
シティグループ証券
エクイティ・キャピタル・マーケット ヴァイスプレジデント
UBS証券会社
エクイティ・キャピタル・マーケット アナリスト

管韻(カンイン)アソシエイト

業界経験
6年
シェフィールド大学 法学科商業法修士課程修了
上海財経大学 法学部商業法・会計卒